デリバティブ

デリバティブとは~デリバティブ(派生証券)とは、金や原油などの原資産、株式や債券などの原証券の値の変化に依存してその値が変化する証券である。

投資に関連する用語の解説を行います。
正しい知識を取り入れて、より効果的な投資の参考にしていきましょう。

Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 
株式関連用語集トップ > > デリバティブ

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行 

デリバティブ

デリバティブ(派生証券)とは、金や原油などの原資産、株式や債券などの原証券の値の変化に依存してその値が変化する証券である。

この原資産、原証券に関しては制限はないが、通常は取引されている証券の価格を用いる。株式、債券、通貨交換レート、金利あるいは金や原油などがあげられる。

たとえば、大阪証券取引所に上場されている日経株価指数300オプションは、日経株価指数300の価格を基本的な変数として、これに依存してオプションの価格が決定されるデリバティブである。

【デリバティブの種類】

証券取引所で取引できるもの

先物取引
先渡し取引
スワップ
オプション

また、これらの複合型であるコンパウンド・オプション(CompoundOption:オプションのオプション)、スワップション(Swaption: スワップのオプション)なども取引されている。

相対取引でおこなわれるもの

天候デリバティブ
クレジットデリバティブ