剰余金 (じょうよきん)

剰余金 (じょうよきん)とは~自己資本のうち、資本金を超える部分が剰余金である。剰余金には、資本剰余金と利益剰余金がある。

投資に関連する用語の解説を行います。
正しい知識を取り入れて、より効果的な投資の参考にしていきましょう。

Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 
株式関連用語集トップ > > 剰余金 (じょうよきん)

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行 

剰余金 (じょうよきん)

自己資本のうち、資本金を超える部分が剰余金である。剰余金には、資本剰余金利益剰余金がある。

剰余金は、日本の企業会計上、2つの異なった意味を持つ。

【企業会計原則の場合の剰余金】

会社の純資産額である自己資本のうち、法定資本である資本金以外の部分のこと。

【商法の計算書類規則 の場合の剰余金】

会社の純資産額である自己資本のうち、法定資本である資本金、および法定準備金以外の部分のこと。