キャッシュフロー計算書 (きゃっしゅふろーけいさんしょ)

キャッシュフロー計算書 (きゃっしゅふろーけいさんしょ)とは~企業または企業集団の一会計期間におけるキャッシュ(現金・現金同等物)の収支(=キャッシュフロー)を報告するもの。

投資に関連する用語の解説を行います。
正しい知識を取り入れて、より効果的な投資の参考にしていきましょう。

Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 
株式関連用語集トップ > > キャッシュフロー計算書 (きゃっしゅふろーけいさんしょ)

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行 

キャッシュフロー計算書 (きゃっしゅふろーけいさんしょ)

貸借対照表損益計算書と並び、金融商品取引法の適用企業における基本財務諸表の一つとして位置づけられている。企業または企業集団の一会計期間におけるキャッシュ(現金・現金同等物)の収支(=キャッシュフロー)を報告するもの。一般的に、現金同等物とは取得日から3カ月以内に満期日または償還日が到来する短期的な投資等とされている。

キャッシュフロー計算書は、連結キャッシュフロー計算書・中間連結キャッシュフロー計算書、個別ベースのキャッシュフロー計算書・中間キャッシュフロー計算書の総称である。

【キャッシュフロー計算書の区分】

営業活動によるキャッシュフロー(営業CF)

企業が主たる営業活動から獲得した金額を示す

投資活動によるキャッシュフロー(投資CF)

将来の利益獲得及び資金運用のために、どの程度の金額を支出し、回収したのかを示す

財務活動によるキャッシュフロー(財務CF)

上記2つの活動を維持するために必要とする資金を、どのように・どの程度の金額を調達し、返済をしたのかを示す