ワラント債 (わらんとさい)

ワラント債 (わらんとさい)とは~新株予約権制度が創設され、従来のCB(転換社債)、ワラント債(非分離型)は「新株予約権付社債」という名称に統一された。

投資に関連する用語の解説を行います。
正しい知識を取り入れて、より効果的な投資の参考にしていきましょう。

Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 
株式関連用語集トップ > > ワラント債 (わらんとさい)

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行 

ワラント債 (わらんとさい)

新株引受権付社債ともいう。

2002年4月の商法改正により、新株予約権制度が創設され、従来のCB(転換社債)、ワラント債(非分離型)は「新株予約権付社債」という名称に統一された。