売上高成長率 (うりあげだかせいちょうりつ)

売上高成長率 (うりあげだかせいちょうりつ)とは~当期売上高÷前期売上高。企業の活動量(フロー)を表す売上高から、企業の成長性、企業規模の拡大をはかる尺度として用いられる。

投資に関連する用語の解説を行います。
正しい知識を取り入れて、より効果的な投資の参考にしていきましょう。

Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 
株式関連用語集トップ > > 売上高成長率 (うりあげだかせいちょうりつ)

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行 

売上高成長率 (うりあげだかせいちょうりつ)

決算書の数値などを基に、経営を量的に分析する財務諸表分析の一つ。

企業の成長性・企業規模の拡大をはかる尺度の一つとして売上高がある。売上高は、企業の活動量(フロー)を表し、一般に、売上高が前期より増加すれば増収、減少すれば減収を意味する。

過去5年間程度の数値の変化に注目し、その推移をもって判断することが好ましいとされている。

【算出式】