売上高経常利益率 (うりあげだかけいじょうりえきりつ)

売上高経常利益率 (うりあげだかけいじょうりえきりつ)とは~経常利益÷売上高。企業の経営活動で得た利益(経常利益)が全体の売上高に対してどれくらいあるかを見る指標。

投資に関連する用語の解説を行います。
正しい知識を取り入れて、より効果的な投資の参考にしていきましょう。

Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 
株式関連用語集トップ > > 売上高経常利益率 (うりあげだかけいじょうりえきりつ)

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行 

売上高経常利益率 (うりあげだかけいじょうりえきりつ)

売上高に対する経常利益の比率のこと。

営業利益は、売上高から売上原価・販売費および一般管理費を差し引いたものであり、会社本来の営業活動から生じた利益である。一方、経常利益は、営業利益に受取利息・配当金等の営業外収益を加え、支払利息等の営業外費用を差し引いたものである。つまり経常利益は、会社本来の営業活動から生じた利益に、資産運用・資金調達等に付随する営業外の金融収支を加えたものであり、会社の通常の状態であげた利益といえる。

【算出式】

売上高経常利益率=経常利益÷売上高×100%