特別清算指数 (とくべつせいさんしすう)

特別清算指数 (とくべつせいさんしすう)とは~特別清算指数とは株式先物取引や株価指数オプション取引の最終決済を行うための価格(=清算指数)のことをいいSQ(Special Quotation)とも呼ばれる。

投資に関連する用語の解説を行います。
正しい知識を取り入れて、より効果的な投資の参考にしていきましょう。

Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 
株式関連用語集トップ > > 特別清算指数 (とくべつせいさんしすう)

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行 

特別清算指数 (とくべつせいさんしすう)

特別清算指数とは株式先物取引や株価指数オプション取引の最終決済を行うための価格(=清算指数)のことをいいSQ(Special Quotation)とも呼ばれる。満期日前に反対売買による決済を行わない時の、清算価格として使用される。

機関投資家を始めとする投資家は、株価指数先物取引、株価指数オプション取引と現物取引を同時におこない、割安になっている方を買い、割高になっている方を売ることによる価格差で利益を得る取引をおこなう(=裁定取引)。これは、期限満了になると、株価指数先物取引、株価指数オプション取引が清算指数で清算されるという「SQ」の仕組みを利用している。

【株式先物取引のSQ算出日】

株式先物取引は、3、6、9、12月のそれぞれを限月とする商品(3、6、9、12月の5限月取引制・最長1年3カ月)が取引されているが、各限月の取引最終日の翌日に、特別清算指数が算出される。

【株価指数オプション取引のSQ算出日】

株価指数オプション取引は、12カ月のそれぞれを限月とする商品(特定限月の3、6、9、12月のうち直近の5限月と、特定限月を除く3限月の8限月取引制)が取引されているが、各限月の取引最終日の翌日に算出される。指数が算出される日は、各限月の第2金曜日である。指数は算出日における各指数の各構成銘柄の始値に基づいて算出される(日経平均株価先物の場合、日経平均株価)。