上場投資信託 (じょうじょうとうししんたく)

上場投資信託 (じょうじょうとうししんたく)とは~ETFは、特定の株価指数、債券指数、商品価格(商品指数を含む)などに連動することを目的に運用される投資信託で、通常の株式と同じように証券取引所において、いつでも売買が可能である。

投資に関連する用語の解説を行います。
正しい知識を取り入れて、より効果的な投資の参考にしていきましょう。

Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 
株式関連用語集トップ > > 上場投資信託 (じょうじょうとうししんたく)

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行 

上場投資信託 (じょうじょうとうししんたく)

ETF(Exchange Traded Funds)のこと。

ETFは、特定の株価指数、債券指数、商品価格(商品指数を含む)などに連動することを目的に運用される投資信託で、通常の株式と同じように証券取引所において、いつでも売買が可能である。いわば、証券取引所に上場されたインデックスファンドである。

またETFは目標とする指数・指標に連動する投資成果を目指す投資信託であることから、いわゆるパッシブ運用をおこなうため、相対的に信託報酬などの運用コストが低いのが特徴である。加えて、個別銘柄で分散投資をおこなうのに比べると、ETFは少額で分散投資が可能である。

【ETFの種類】

国内ETF

国内の証券取引所に上場されているETF

外国ETF

外国の証券取引所に上場されているETF