税金 (ぜいきん)

税金 (ぜいきん)とは~国や地方公共団体が活動を行うための費用を、国民が負担するもの。税金には、さまざまな種別があるが、それぞれ、法律によって定められている。

投資に関連する用語の解説を行います。
正しい知識を取り入れて、より効果的な投資の参考にしていきましょう。

Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 
株式関連用語集トップ > > 税金 (ぜいきん)

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行 

税金 (ぜいきん)

国や地方公共団体が活動を行うための費用を、国民が負担するもの。税金には、さまざまな種別があるが、それぞれ、法律によって定められている。

国に対して納める国税と地方公共団体に納める地方税がある。

【所得に対しての課税方法】


  • 総合課税

  • 分離課税
    - 申告分離課税
    - 源泉分離課税

【貯蓄や投資において得る所得に対しての税金】


  • 株式売却益によるキャピタルゲイン課税

  • 配当金の税金

  • 国内公社債の税金

  • 国内投資信託の税金

  • 金地金の税金

  • 信用取引の税金

  • 外国税額控除
    - 租税条約