ROA (総資本利益率)

ROA (総資本利益率)とは~利益を総資本(総資産)で除した、総合的な収益性の財務指標である。

投資に関連する用語の解説を行います。
正しい知識を取り入れて、より効果的な投資の参考にしていきましょう。

Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 
株式関連用語集トップ > R > ROA (総資本利益率)

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行 

ROA (総資本利益率)

ROA(Return On Asset)は総資本利益率もしくは総資産利益率とも呼ばれる。

利益を総資本(総資産)で除した、総合的な収益性の財務指標である。

企業に投下された総資本(総資産)が、利益獲得のためにどれほど効率的に利用されているかを表す。分子の利益は、営業利益、経常利益、当期利益(当期純利益)などが使われ、総資本(総資産)営業利益率、総資本(総資産)経常利益率、総資本(総資産)純利益率、とそれぞれ定義される。

したがって、総資本(総資産)利益率を高めることは、利益率の改善(費用・コストの削減)又は回転率の上昇(売上高の増加)によって実現される。実際の会計では、総資本を総資産として把握することが多い。

米国では、企業の収益性を判定するのに総資産利益率(収益率)=ROA、ないしは株主資本利益率=ROEがよく用いられる。

【算出式】

総資本(総資産)利益率 = 利益 ÷ 総資本