卸売物価指数 (おろしうりぶっかしすう)

卸売物価指数 (おろしうりぶっかしすう)とは~日銀が2002年まで、毎月発表していた統計で、「国内卸売物価指数」「輸入物価指数」「輸出物価指数」「総合卸売物価指数」の4種類がある。

投資に関連する用語の解説を行います。
正しい知識を取り入れて、より効果的な投資の参考にしていきましょう。

Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 
株式関連用語集トップ > > 卸売物価指数 (おろしうりぶっかしすう)

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行 

卸売物価指数 (おろしうりぶっかしすう)

「国内卸売物価指数」「輸出物価指数」「輸入物価指数」「総合卸売物価指数」の4種類の物価指数は、日本銀行が2002年まで、毎月発表していた統計だった。卸売物価指数の基準が改定され、「2000年基準企業物価指数」に移行した。

卸売とは、卸売商が小売商やほかの卸売商に売ることをいい、企業間で取引される商品の売買をさす。この段階での価格を指数化したものが「卸売物価指数」であった。「卸売物価指数」は、企業間で取引される商品を900品目以上選定し算出され、消費者の手に渡る前の価格を捉えるので、景気判断に活用されていた。

【2000年基準企業物価指数へ移行】

国内卸売物価指数をはじめとした4種類の物価指数は、2000年基準企業物価指数へ移行した。

国内卸売物価指数

卸売の最初の段階である第一次卸売業者が売り渡す価格を調べていた。2002年までは、代表的な卸売物価指数で、単に「卸売物価指数」という場合はこの「国内卸売物価指数」を指していた。

輸出物価指数、輸入物価指数

商品が日本から海外へ輸出されるときの価格で、「輸入物価指数」は商品が海外から日本へ輸入されるときの価格であった。取引が外貨建てのときは、為替相場の影響を受けるため、需給要因で変動していた。

総合卸売物価指数

国内卸売物価指数、輸出物価指数、輸入物価指数の3種類の指数を総合したものであった。