大台 (おおだい)

大台 (おおだい)とは~数字の桁を示すもので頭の桁の数字を大台という。一般的には株価が桁が変わったときに用いられる。大台を上回ることを「大台乗せ」「大台替り」といいます。

投資に関連する用語の解説を行います。
正しい知識を取り入れて、より効果的な投資の参考にしていきましょう。

Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 
株式関連用語集トップ > > 大台 (おおだい)

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行 

大台 (おおだい)

マーケットで使われる用語で、相場の状況を表す。

十円台は小台、百円台は大台、千円台は大大台という。ただし、一般的には、株価の桁がかわる際に用いられる。大台を上回ることを「大台乗せ」、逆に下回ることを「大台割れ」と呼ぶ。