大口取引 (おおぐちとりひき)

大口取引 (おおぐちとりひき)とは~ひとつの銘柄について、売買金額が5,000万円を超える取引所外に関する注文のこと。

投資に関連する用語の解説を行います。
正しい知識を取り入れて、より効果的な投資の参考にしていきましょう。

Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 
株式関連用語集トップ > > 大口取引 (おおぐちとりひき)

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行 

大口取引 (おおぐちとりひき)

多様化する投資家のニーズに応えると共に、市場間競争を促進させるために、平成10年12月に取引所集中義務が撤廃された。大口取引とは、一つの銘柄について、売買金額が5,000万円を超える取引所外取引に関する注文のこと。

準大口取引
  売買金額が300万円超、5,000万円以下となる取引所外売買に関する注文

超大口取引
  売買金額が50億円を超える取引所外売買に関する注文