二重底 (にじゅうぞこ)

二重底 (にじゅうぞこ)とは~株式のチャート分析で用いる言葉。チャートの形の一つ。

投資に関連する用語の解説を行います。
正しい知識を取り入れて、より効果的な投資の参考にしていきましょう。

Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 
株式関連用語集トップ > > 二重底 (にじゅうぞこ)

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行 

二重底 (にじゅうぞこ)

株式のチャート分析で用いる言葉。チャートの形の一つ。二重天井の対照的なパターンをさし、下げ相場の安値圏で形成される。

【チャートの見方】

チャートの形

ポイント
かなりの下げを演じた後、さらに、下値をうかがいながら、同じ水準で2度もはねかえされるようであるならば、買いの基調が控えていることが裏付けられると考えられている。

そのあと、次第に株価が上昇し、出来高の増加を伴いながら戻り高値Bの水準を突破するようなら、買い意欲が盛り上がってきたことを意味する。

ここは、底入れ後の反騰開始局面としてのタイミングであるといわれている。