外貨準備高 (がいかじゅんびだか)

外貨準備高 (がいかじゅんびだか)とは~通貨当局が保有する流動性の高い外国債券や外貨建定期預金などの資産の残高のこと。

投資に関連する用語の解説を行います。
正しい知識を取り入れて、より効果的な投資の参考にしていきましょう。

Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 
株式関連用語集トップ > > 外貨準備高 (がいかじゅんびだか)

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行 

外貨準備高 (がいかじゅんびだか)

通貨当局(日本の場合=日本銀行+外国為替資金特別会計)が保有する流動性の高い外貨建て資産(外国債券や外貨建定期預金など)の残高のこと。

外貨による直接借入や、急激な為替相場の変動を制御する際に行われる為替介入などに用いる。