外貨建て債券 (がいかだてさいけん)

外貨建て債券 (がいかだてさいけん)とは~外国通貨で元本を払い込み、外貨建てで償還金や利息を払うことを約束している債権のこと。外貨建て債権で運用しても、最終的に日本円で回収する場合には、為替リスクが存在する。

投資に関連する用語の解説を行います。
正しい知識を取り入れて、より効果的な投資の参考にしていきましょう。

Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 
株式関連用語集トップ > > 外貨建て債券 (がいかだてさいけん)

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行 

外貨建て債券 (がいかだてさいけん)

円以外の通貨(外国通貨)で元本を払い込み、外貨建てで償還金や利息を払うことを約束している債券を外貨建て債券と呼ぶ。

日本円の資金をこの外貨建て債券で運用し、最終的に日本円で回収する場合には、為替リスクが存在する。
海外の国や企業が自国通貨で発行するケースが多く、理論的には世界の通貨の数だけの種類が存在することになる。しかし、通貨の種類によっては、為替相場の安定性や規模などから、債券の信頼性や流通性などに差が出てくるため、国際的な資金調達の手段として発行するには不利な通貨もある。日本で一般に販売されているものは、外貨の中でも世界の主要通貨のものが中心である。

【外貨建て債券の種類】

それぞれの通貨は日本円に対して、互いに関連しながら独自の為替レートが形成されている。また、ショウグン債と呼ばれる、日本国内で非居住者が発行する外貨建て債券もある。


  • 米ドル建て債券

  • 豪ドル建て債

  • 英国ポンド建て債

  • ユーロ建て債