株式交換 (かぶしきこうかん)

株式交換 (かぶしきこうかん)とは~買収企業の株式を、売却企業の株式と交換することによって行なわれるM&Aの手法のこと。

投資に関連する用語の解説を行います。
正しい知識を取り入れて、より効果的な投資の参考にしていきましょう。

Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 
株式関連用語集トップ > > 株式交換 (かぶしきこうかん)

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行 

株式交換 (かぶしきこうかん)

ある株式会社が、対象会社を100%子会社にするための企業再編手法のひとつ。具体的には、子会社となる会社の株主に対して、その保有している株式を親会社となる会社株式に交換する。

株式交換により100%親会社となる会社を完全親会社、100%子会社となる会社を完全子会社という。完全子会社となる予定の会社の株主は、株式交換契約によって決められた株式交換比率によって、完全親会社の株式を割り当てられる。

株式交換は平成11年商法改正により導入された。これによって、株式会社は、株式を買い取るための資金を持たなくとも、時価総額の大きい会社であれば自社株式を対価に、機動的に企業買収をおこなえることとなった。

【株式交換のスキーム】