株式公開 (かぶしきこうかい)

株式公開 (かぶしきこうかい)とは~株式を証券取引所に上場したり、店頭登録することによって、広く一般投資家などに株式を開放し、市場での自由な売買が可能になる。

投資に関連する用語の解説を行います。
正しい知識を取り入れて、より効果的な投資の参考にしていきましょう。

Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 
株式関連用語集トップ > > 株式公開 (かぶしきこうかい)

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行 

株式公開 (かぶしきこうかい)

一般的には、株式を上場すること。株式は公開されることにより、株式市場を通じて誰でも自由に売買できるようになる。

上場に際しては、公募又は売出しにより株式の公開を行うことが原則である。

【上場のメリット】

資金調達力の拡大

公開時はもちろん、CBの発行などを通じて広く一般投資家から資金を調達することが容易になる。企業はその資金を設備投資などに活用し、さらなる成長・発展を目指すことが可能となる。

社会的な信用の向上

株式を公開するには証券取引所や日本証券業協会の審査にパスしなければならない。それは売上高や利益、将来性など一定条件を満たしていることを意味するため、行政や金融機関、取引先などからの信用が高まる。

企業のPR効果

社名や株価、業績などが新聞やテレビなどのマスコミを通じて報道されるため、莫大なPR効果が期待できる。それは、ひいては優れた人材の確保や従業員のモチベーションの向上にもつながる。