カストディアン (かすとでぃあん)

カストディアン (かすとでぃあん)とは~投資家のために証券を保護預かりする保管期間。

投資に関連する用語の解説を行います。
正しい知識を取り入れて、より効果的な投資の参考にしていきましょう。

Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 
株式関連用語集トップ > > カストディアン (かすとでぃあん)

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行 

カストディアン (かすとでぃあん)

投資家のために証券を保護預りする保管機関のこと。
例えば、日本で外国証券を購入した場合に、その証券そのものを日本に持ってくるわけではなく、現地の保管機関に預かってもらう。

カストディアンの役割は、証券の保管業務だけではなく、元利金・配当金の代理受領、預り運用資産の受渡し決済、運用成績の管理など広範囲に及ぶ。

欧州の主要な機関として、クリアストリームとユーロクリアがある。