貸倒引当金 (かしだおれひきあてきん)

貸倒引当金 (かしだおれひきあてきん)とは~銀行などの金融機関が、融資先企業の融資資金の返済能力を判断し、融資資金を回収できない可能性に備えて、あらかじめ計上する引当金。

投資に関連する用語の解説を行います。
正しい知識を取り入れて、より効果的な投資の参考にしていきましょう。

Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 
株式関連用語集トップ > > 貸倒引当金 (かしだおれひきあてきん)

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行 

貸倒引当金 (かしだおれひきあてきん)

近年、銀行などの金融機関(=債権者)が貸し出す融資資金など(=金融機関にとっての債権)について、その回収が、通常の回収期間におこなわれていない、いわゆる不良債権が問題となっている。貸倒引当金とは、銀行などの金融機関が、融資先企業の融資資金の返済能力を判断し、融資資金を回収できない可能性に備えて、あらかじめ計上する引当金のことをいう。

銀行の債権は、破綻先、実質破綻先、破綻懸念先、要注意先、正常先に分類される。貸倒引当金には、個別貸倒引当金と一般貸倒引当金がある。

【貸倒引当金の種類】

個別貸倒引当金

破綻先、実質破綻先、破綻懸念先に分類される債権に対して、債務者ごとに計上される引当金のこと

一般貸倒引当金

要注意先、正常先に分類される債権に対して、債権の分類ごとに計上される引当金のこと