確定申告 (かくていしんこく)

確定申告 (かくていしんこく)とは~納税者が前年1年間の所得税を計算して、翌年2月16日~3月15日までの間に、税務署に確定申告書を提出して税金を納める手続き。

投資に関連する用語の解説を行います。
正しい知識を取り入れて、より効果的な投資の参考にしていきましょう。

Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 
株式関連用語集トップ > > 確定申告 (かくていしんこく)

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行 

確定申告 (かくていしんこく)

納税者が前年1年間の所得税を計算して、翌年2月16日から3月15日までの間に、税務署に確定申告書を提出して税金を納める手続きのこと。

確定申告は、納税する税金があるときだけにおこなうというものではなく、給料や配当金、原稿料等の所得を得る際に、所得税を源泉徴収されている場合など、確定申告をおこなうと税金が還付されることもある。
また上場株式等の売却により、利益を得た場合は確定申告をおこなわなくてはいけない(申告分離課税)。つまり、年間を通じて損益計算(損益通算)をおこない申告の手続きをする必要がある。その手続きを簡単にするサービスとして特定口座がスタートした。

なお税金の還付は、確定申告の期間でなくても、1月1日以降であれば手続きをとることが可能である。