乖離率 (かいりりつ)

乖離率 (かいりりつ)とは~時価とパリティとの差を乖離といい、時価がパリティより何パーセント高いかを示した指標。

投資に関連する用語の解説を行います。
正しい知識を取り入れて、より効果的な投資の参考にしていきましょう。

Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 
株式関連用語集トップ > > 乖離率 (かいりりつ)

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行 

乖離率 (かいりりつ)

CBの価格が理論通りに動くとすると、CBの時価とパリティは常に一致しているはずである。しかし、CBと株式には利回りの差があることや、値動きにタイムラグがあることなどによって、時価がパリティを上回ったり下回ったりする。

この時価とパリティとの差を乖離といい、時価がパリティより何%高いか低いかを示した指標を「乖離率」という。

一般に、乖離率が小さい(マイナスの場合も含む)ほど、CBの時価は株価と密接に連動しており、妥当な価格で売買されているといえる。なお、CBの時価がパリティよりも高い状態を順カイリ、逆にパリティよりも低い状態を逆カイリという。

【算出式】

【転換価格が1,000円、株価が1,300円のCBの場合】

パリティを計算すると、130円である。
1300円÷1,000円×100=130円

この時の時価が140円だとすると、乖離率は7.69%になる。
{(140円-130円)÷130円 }×100=7.69%