外国株式投資 (がいこくかぶしきとうし)

外国株式投資 (がいこくかぶしきとうし)とは~投資スタイルの一つ、外国株式を組み入れることで、高いリターンを狙ったり、全体リスクの低減を狙ったりするが、投資情報が比較的乏しいことに注意。

投資に関連する用語の解説を行います。
正しい知識を取り入れて、より効果的な投資の参考にしていきましょう。

Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 
株式関連用語集トップ > > 外国株式投資 (がいこくかぶしきとうし)

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行 

外国株式投資 (がいこくかぶしきとうし)

地球経済時代に対応する投資戦略。

外国株式を組み入れることで投資の幅を広げ、投資の面白みを増すことができる。景気サイクルや経済の発展段階のズレなどを利用すれば、高いリターンを狙うことができる。互いに相関関係の低い株式を組み合わせれば、全体のリスク低減も可能である。

また、将来高い成長が見込める産業に国を超えて投資することで、加工・金融産業の比重が高い日本株の弱点を補強することもできる。実際投資する場合には、国内株式と異なり投資情報が比較的乏しいため、長期投資を旨とした慎重な銘柄選択が望まれる。為替動向にも要注意。