外貨建てMMF (がいかだてえむえむえふ)

外貨建てMMF (がいかだてえむえむえふ)とは~投資信託のひとつで、外貨建ての格付けの高い国債などの短期債権を中心に運用される商品のこと。換金時に、円とその国の通貨の交換レートによって、差損益が生じる。

投資に関連する用語の解説を行います。
正しい知識を取り入れて、より効果的な投資の参考にしていきましょう。

Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 
株式関連用語集トップ > > 外貨建てMMF (がいかだてえむえむえふ)

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行 

外貨建てMMF (がいかだてえむえむえふ)

外国で作られた投資信託の1つで、外貨建ての格付の高い国債などの短期債券を中心に運用される商品。

運用実績に応じて毎日分配が行われ、月末にその月の分配金をまとめて元本に再投資する1カ月複利の商品。

少額からいつでも申込・換金できるが、円を外貨に換えて申込み、換金時に外貨から円に換えることになるため、円とその国の通貨の交換レートによって、差損益が生じる。