インフレリスク (いんふれりすく)

インフレリスク (いんふれりすく)とは~投資した金融商品の利率などより、インフレ率の高い場合に生ずるリスク。

投資に関連する用語の解説を行います。
正しい知識を取り入れて、より効果的な投資の参考にしていきましょう。

Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 
株式関連用語集トップ > > インフレリスク (いんふれりすく)

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行 

インフレリスク (いんふれりすく)

インフレリスクは、投資した金融商品の利率などより、インフレ率(物価上昇率)の方が高い場合に生ずる。

たとえば、年2%の定期預金に1年間投資し、その間のインフレ率が3%だったとすると、投資元本は利息を加えると1年後に102円になるが、投資した時点で100円だったものの価格は103円になってしまう。つまり価値が低下してしまうことを言う。