移動平均乖離率 (いどうへいきんかいりりつ)

移動平均乖離率 (いどうへいきんかいりりつ)とは~前日終値と指定期間(通常、5日、25日、13週、26週のいずれか)の移動平均線の平均値が離れている度合い。

投資に関連する用語の解説を行います。
正しい知識を取り入れて、より効果的な投資の参考にしていきましょう。

Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 
株式関連用語集トップ > > 移動平均乖離率 (いどうへいきんかいりりつ)

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行 

移動平均乖離率 (いどうへいきんかいりりつ)

前日終値と指定期間(通常、5日・25日・13週・26週のいずれか)の移動平均線の平均値が、離れている度合いを表す。

前日終値が指定期間の移動平均値より高い場合には、移動平均乖離率はプラスとなる。


  • 5%以上になると相場が目先調整局面を迎える。

  • 10%以上になると天井になる。


という相場の経験則がある。

逆に、前日終値が指定期間の移動平均値より低い場合には、移動平均乖離率はマイナスとなる。


  • 5%以下になると相場が目先反発に転じる。

  • 10%以下になると天底である。


という相場の経験則がある。