往って来い (いってこい)

往って来い (いってこい)とは~相場の状態で、相場がある水準まで上がった後、もしくは逆にある水準まで下がった後に、もとの水準まで戻ること。

投資に関連する用語の解説を行います。
正しい知識を取り入れて、より効果的な投資の参考にしていきましょう。

Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 
株式関連用語集トップ > > 往って来い (いってこい)

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行 

往って来い (いってこい)

マーケットで使われる用語で、相場の状況を表す。
相場がある水準まで上がった後に、もとの水準まで下がること。あるいは逆に、相場がある水準まで下がった後に、もとの水準まで上がること。