委託保証金 (いたくほしょうきん)

委託保証金 (いたくほしょうきん)とは~信用取引を行うために投資家が証券会社に差し出す担保のこと。 通常保証金は、借りる金額の30%以上、最低30万円が必要である。株式や公社債などの有価証券で代用することもできる。

投資に関連する用語の解説を行います。
正しい知識を取り入れて、より効果的な投資の参考にしていきましょう。

Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 
株式関連用語集トップ > > 委託保証金 (いたくほしょうきん)

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行 

委託保証金 (いたくほしょうきん)

信用取引を行うために投資家が証券会社に差し出す担保のこと。 通常保証金は、借りる金額の30%以上、最低30万円が必要である。株式や公社債などの有価証券で代用することもできる。

たとえば、300万円の資金があれば、これを保証金とすることで1000万円分の株が買えることになる(1000万円×30/100=300万円)