負債 (ふさい)

負債 (ふさい)とは~決算時などの一時点において、企業が債権者に対して、後日、一定の債務や義務を提供しなければならないもの。

投資に関連する用語の解説を行います。
正しい知識を取り入れて、より効果的な投資の参考にしていきましょう。

Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 
株式関連用語集トップ > > 負債 (ふさい)

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行 

負債 (ふさい)

決算時などの一時点において、企業が債権者に対して、後日、一定の債務や義務を提供しなければならないもの。

企業が債権者に対して返済義務を負っている金銭債務として

  • 借入金
  • 企業が資金調達のために発行した社債
  • 従業員の退職金や年金の支払額をあらかじめ計上しておく「退職給付引当金」
  • 繰延税金負債
などが該当する。

貸借対照表の貸方項目で表示されるにあたり、負債は、「流動負債」と「固定負債」に分類される。分類は、企業の主目的である営業取引によって発生した負債であるか否か、または返済期限の長期、短期などに応じておこなわれる。

また、負債を「他人資本」と呼ぶこともある。