法人住民税 (ほうじんじゅうみんぜい)

法人住民税 (ほうじんじゅうみんぜい)とは~企業の事業活動に対してかけられる税金の一つ。国税である法人税に対して、法人住民税は道府県民税と市町村民税を合わせた地方税として位置づけられる。

投資に関連する用語の解説を行います。
正しい知識を取り入れて、より効果的な投資の参考にしていきましょう。

Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 
株式関連用語集トップ > > 法人住民税 (ほうじんじゅうみんぜい)

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行 

法人住民税 (ほうじんじゅうみんぜい)

企業の事業活動に対してかけられる税金の一つ。
国税である法人税に対して、法人住民税は道府県民税と市町村民税を合わせた地方税として位置づけられる。東京都23区については、道府県民税と市町村民税ではなく、両方を合わせた都民税として課税される。

法人住民税には、「均等割」と「法人税割」がある。

【均等割】

法人の所得金額の多少にかかわらず、資本等の金額に応じて一定の税額を納税するもの。

【法人税割】

会社の所得に応じて課税される税金で、法人税額を基礎として、道府県民税および市町村民税(東京都23区の場合は両方を合算して都民税)が計算される。