FOMC (連邦公開市場委員会)

FOMC (連邦公開市場委員会)とは~FOMCとは、米国の金融政策の一つである公開市場操作(国債買いオペなどを通じて金融機関の資金需給を調節すること)の方針を決定する委員会のこと。FRSの構成機関である。

投資に関連する用語の解説を行います。
正しい知識を取り入れて、より効果的な投資の参考にしていきましょう。

Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 
株式関連用語集トップ > F > FOMC (連邦公開市場委員会)

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行 

FOMC (連邦公開市場委員会)

FOMC (Federal Open Market Committee)とは、米国の金融政策の一つである公開市場操作(国債買いオペなどを通じて金融機関の資金需給を調節すること)の方針を決定する委員会のこと。FRSの構成機関である。

FOMCは、米国の中央銀行ともいうべきFRBが定期的に開く会合で、FRBの理事7名や地区ごとの連邦準備銀行総裁5名で構成されており、米国の金融政策やFFレートの誘導目標を決定する最高意思決定機関である。定期的に約6週間ごとに年8回開催される他、必要に応じて随時開催される。公定歩合は、各地区連銀によって決定される。

声明文は、FOMC開催最終日(米東部標準時間午後2時15分頃)に公表、議事要旨は政策決定日(FOMC開催最終日)の3週間後に公表され、市場関係者にとって今後の米国金融政策を占ううえでかかせない。