エンジェル税制 (えんじぇるぜいせい)

エンジェル税制 (えんじぇるぜいせい)とは~ベンチャー企業に対する投資を促進するための税制上の特例。特定中小会社が発行した株式についての譲渡損失の繰越控除がされる。平成9年度の税制改正により創設。

投資に関連する用語の解説を行います。
正しい知識を取り入れて、より効果的な投資の参考にしていきましょう。

Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 
株式関連用語集トップ > > エンジェル税制 (えんじぇるぜいせい)

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行 

エンジェル税制 (えんじぇるぜいせい)

ベンチャー企業に対する投資を促進するための税制上の特例として、平成9年度の税制改正により創設された。特定中小会社が発行した株式についての譲渡損失の繰越控除がされる。

エンジェルとはベンチャー企業に出資する投資家を指す。