営業報告書 (えいぎょうほうこくしょ)

営業報告書 (えいぎょうほうこくしょ)とは~企業の当該年度の営業の概況、会社の状態についての報告書のこと。記載事項は商法計算書類規則45条に定められていて、財務諸表や事業内容、株式、従業員の状況など。

投資に関連する用語の解説を行います。
正しい知識を取り入れて、より効果的な投資の参考にしていきましょう。

Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 
株式関連用語集トップ > > 営業報告書 (えいぎょうほうこくしょ)

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行 

営業報告書 (えいぎょうほうこくしょ)

企業が、商法281条の規定により作成しなくてはならない計算書類の一つ。営業報告書は、会計帳簿から作成されるものでなく、営業の状況に関する事実を、文書により報告するものである。

営業報告書への記載事項(商法計算書類規則45条)

(1) 主要な事業内容、営業所及び工場、株式の状況、従業員の状況その他の会社の現況
(2) その営業年度における営業の経過及び成果
(3) 親会社との関係、重要な子会社市場強その他の重要な企業結合の状況
(4) 過去3年間以上の営業成績及び財産の状況並びにこれについての説明
(5) 会社が対処すべき課題
(6) 監査役の氏名、会社における地位及び担当又は主要な職業
(7) 上位7名以上の大株主及びその持株数並びに当該大株主への出資の状況
(8) 1.主要な借入先、借入額及び当該借入先が有する会社の株式の数
2.一定の事由により取得した自己株式につき、その営業年度中に取得したものの種類、数及び取得価額の総額並びにその取得したものが上場株式等でないときにはその売主、その営業年度中に処分又は株式失効の手続をしたものの種類、数及び処分価額の総額並びに決算期において保有するものの種類及び数
(9) 決算期後の生じた会社の状況に関する重要な事実