CAC40指数 (かっく40しすう)

CAC40指数 (かっく40しすう)とは~フランスの代表的な株価指数で、パリ市場に上場されている銘柄の中から、時価総額や出来高が大きく、代表的業種に属する40銘柄を選出して作成しています。

投資に関連する用語の解説を行います。
正しい知識を取り入れて、より効果的な投資の参考にしていきましょう。

Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 
株式関連用語集トップ > C > CAC40指数 (かっく40しすう)

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行 

CAC40指数 (かっく40しすう)

フランスの代表的な株価指数で、パリ市場に上場されている銘柄の中から、時価総額や出来高が大きく、代表的業種に属する40銘柄を選出して作成しています。
1987年12月31日の株価を基準値1,000として時価総額加重平均で計算され、1988年11月以来、MATIFと呼ばれるフランス先物市場やMONEPというフランスオプション取引にも利用されています。

なお、『CAC』という名称は、この指標の前身にあたる「CAC指数」(かつて証券取引の管理、監督、指導全般を担当していた旧証券取引所公認仲介業者組合『Compagnie des Agents de Change』が作成)からきています。