ABS(Asset Backed Securities)

ABS(Asset Backed Securities)とは~不動産や債権など資産の信用力を裏づけとして資金調達を行う際に発行される証券のこと。

投資に関連する用語の解説を行います。
正しい知識を取り入れて、より効果的な投資の参考にしていきましょう。

Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 
株式関連用語集トップ > A > ABS(Asset Backed Securities)

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行 

ABS(Asset Backed Securities)

アセットバック証券、資産担保証券とも呼ばれる。

1998年9月、日本において旧証券取引法上の有価証券として認められた。従来は、有価証券を発行する会社は、発行会社全体での信用力や収益力を裏付けに資金調達していたが、所有する不動産や債権など資産の信用力やキャッシュフローを裏付けにして、債券やコマーシャルペーパー等を発行して、資金調達することが可能となった。

その商品特性から、信用リスクの分散化や移転を通じた「企業金融の円滑化」に貢献する効果が期待されている。

米国では、自動車ローン、リース・クレジットカードなど、各種の債権や商業用不動産などの資産を裏付けとして発行される証券の総称として呼ばれている。

【ABSの種類】

CBO

複数の社債を裏付け資産として発行される。

CDO

社債や貸出債権(ローン)などから構成される資産を担保として発行される。

CLO

貸付債権(ローン)の元利金を担保にして発行される。