安定操作 (あんていそうさ)

安定操作 (あんていそうさ)とは~相場を固定する目的を持って行う一連の売買取引をいい、証券取引法で禁止されている。 ただし、募集または売出などで多量の有価証券が一時に市場に放出され、需給のバランスが崩れる恐れがある場合には、発行会社の役員らが買い支えることを例外的に認めている。

投資に関連する用語の解説を行います。
正しい知識を取り入れて、より効果的な投資の参考にしていきましょう。

Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 
株式関連用語集トップ > > 安定操作 (あんていそうさ)

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行 

安定操作 (あんていそうさ)

有価証券の相場を釘付けし、固定または安定させる目的をもって、有価証券市場における一連の売買取引を行い、またはその委託もしくは受託をすること。

安定操作は、人為的に有価証券市場における相場を形成するものであり、相場操縦行為として投資家保護に反する為、金融商品取引法は有価証券の募集または売出しにより大量の証券が一時に市場に放出される際に、一定の要件に従ってのみ適法になしうることとしている(市場の需給のバランスが崩れて価格の下落を招く恐れがある為)。