アナリスト (あなりすと)

アナリスト (あなりすと)とは~企業情報(投資理論、財務分析、経営者へのインタビュー)等を元に、株式などの投資価値の分析情報を提供する職業。一般的には証券会社や運用会社の調査部門に所属することが多い。

投資に関連する用語の解説を行います。
正しい知識を取り入れて、より効果的な投資の参考にしていきましょう。

Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 
株式関連用語集トップ > > アナリスト (あなりすと)

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行 

アナリスト (あなりすと)

通常、証券アナリストのことである。

企業の財務分析、業界分析、経営者インタビューなどをもとに、株式の投資価値の分析・評価をおこなう。多くの場合、証券会社や運用会社の調査部に所属し、彼らのおこなった企業の分析・評価が、個人投資家、機関投資家、ファンドマネージャーに提供されて運用判断に活用される。
債券の信用分析をおこなうクレジット・アナリストなど、各種タイプのアナリストもいる。